飲食店【失敗しない開業マニュアル】其の2-セールスポイントを考える

前回のブログでも少し触れましたが、自分の店の「セールスポイント」があいまいな方が多いです。
自分が何を自信を持って売ることができるか?
ここは強気で攻めてほしい部分です。
「AさんもBさんもCさんも満足できるように」なんて弱気に考えると
「よくわからないお店」になってしまいがちです。

セールスポイントを考える

セールスポイントとは

どんな人でも得意なこと1つくらいはありますよね!

たとえば「サッカーのうまい人」「勉強が出来る人」。

それとあとは見た目の印象「色の白い人」「メガネの人」などなど。

これらは、その人の「イメージ」としてインプットされています。

この「イメージ」こそがお店の顔!

これがないお店はどうでしょう?そう!印象に残りません。

クラス会などでよくある「こんな人いたっけ?」のポジションになってしまいます。

まずはお店の「イメージ」を考えましょう。

まずはファーストインプレッション

お店を開店させても、そのお店にみんなが来る訳ではありません。

じゃあどこで「行ってみよう」という気持ちになるか?

まずは外観ですよね!

人でも「なんかこの人お洒落だなぁ」「感じのいい人だなぁ」「イケメンだわぁ」

そんな見た目で判断して、交流を持ちたいと思うものです。

お店も一緒で外観はとっても大事です。

例としてイタリアンのお店とします。

「お洒落なイタリアンのお店が近所にできた」でもこれって漠然としていませんか?

ここに大きな国旗を立てたとします。

「大きな国旗のあるイタリアンのお店」に印象は変わります。

このほうが、行ったことはないが見たことがある人がぐっと増えるはずです。

他にも「赤い壁のお店」とか「お花がいっぱい植えてあるお店」とか

何か印象に残る「シンボル」を考えて下さい。

SNSなどで写真をアップした時にも効果が期待できます。

次に一押しメニューを考える

やはり飲食店の場合、ウエイトが大きいのは「メニュー」でしょう。

もちろんメニューだけでなく、高級なソファーだとかアジアン調の雰囲気だとか、

居心地の良さを売りにしてもいいのですが。

食べログなどの口コミでも「A店のから揚げサイコー」なんて書き込みをよく目にします。

この「看板メニュー」が作れるか!?

ここって大きなポイントです。

この「看板メニュー」が美味しいお店は息が長いお店になっているように思います。

まずは、自分で自信のあるメニューを友人達にでも食べてもらって、

批評してもらい、そして研究して下さい。

「それなりにみんな美味しい」が悪いわけでもなく、これも魅力の一つですが

「セールスポイント」としては少し弱いと思います。

「それなりにみんな美味しい」場合、値上げした時にお客さんが減ります。

「それなりにみんな美味しい」とは、多分コストパフォーマンスがほどほどだという意味ではないでしょうか?

看板メニューとは、値上げしてもお客さんが減らない!そんなメニューだと思います。

今はインターネットの普及で、美味しければ勝手に口コミしてくれる時代です。

反対に悪評も広がりやすいですが・・・。

メニューだけでなく、営業形態やネーミングなど他にもいろいろセールスポイントになるものはありますが、

飲食店ならまず「看板メニュー」の確立を重視してほしいと思います。

これができれば、その後の運営は楽になるのでは?と思います。

Follow me!