只今買取キャンペーン実施中です。お気軽にご相談下さい。

日常

地震 東日本大震災 の余震はまだ続く 防災対策 は大丈夫?

今朝千葉県で震度5弱の地震がありました。
最近ではちょっと大きな地震ですが、最近では震度5弱と聞いてもそんなに驚かなくなってしまいましたね。

東日本大震災

かなり、衝撃だった東日本大震災。津波がこんな怖いもんだとは・・・

私は、阪神大震災の時大阪市在住だったので、それなりに地震の恐怖は知ってます。

あの時は地下から怪獣が出てきたのか?と真剣に思いました。ほんと 😯

大阪市は場所にも寄りますが、そこまで被害は酷くなかったんですが、それでも余震が1ヶ月程酷かったんで、なんとなく生きた心地がしない、不安な毎日でしたね。

で、今回の地震が東日本大震災の余震だって?いつまで余震なんよ。もう10年程経ってるのにね。

でも地球の年齢からすれば、10年なんてほんの1日、いや数分のレベルなのかも知れませんね。

 

地震対策は大丈夫?

天災は忘れた頃にやって来る

昔の人は、上手く表現しますよね。確かにその通りです。

いつ、何処に来てもおかしく無い地震です。日ごろから、対策出来る事は実行するのがベストです。

 

私の地震対策

水の確保

飲み水はペットボトルの水を数本買い置きしています。最近では、ウォーターサーバーを設置している人も多いですが、これも役に立ちそうです。

飲み水に関しては、気にしている人が多いようで、備蓄している人も多いと思いますが

震災を体験した人で、困ったことの断トツなのが「トイレ」です。

「我慢出来ない」と言う意味では、食べ物より排泄の方が難しいです。

 

お風呂の水を溜めておく

ちょっと不衛生かなぁとも思うんですが、断水になった場合のトイレ対策にお風呂の水を溜めています。

トイレも従来のタンク式で、今風のカッコいいトイレにしてません。これは、タンク式だとタンクに水を入れたら流せるからです。

飲み水にはなりませんが、断水になると毎度のトイレに使えます。

もう一つ、

雨水タンクを設置しています

これは、雨樋からタンクに水を溜めれる物です。こちらも飲み水には難しいですが、トイレ用には使えます。

 

転倒防止

大きな家具の転倒防止に突っ張り棒のような物を使っています。

テレビには、シリコンの転倒防止用のシートの様な物を敷いています。

地震で、家具やテレビも飛んで来るそうです。阪神大震災では、下敷きになったりして、沢山の人が亡くなられたそうです。

特に寝室は、環境を整えておくべきです。大きな地震の場合、一歩も動けない位揺れます。

 

寒さ対策

食糧や水の備蓄は、やってる人も多いでしょうが、寒さ対策は考えて無い人が多いのでは

地震は冬の寒い時期に多いです。寒い時に停電したら、当たり前に寒いです。私の住んでる奈良は特に寒いので、使い捨てカイロも年中備蓄してます。

後、石油ストーブも置いてます。昔から使ってたのではなく、最近買いました。

石油ファンヒーターだと電気が必要なので、停電になると使えませんが、石油ストーブは、電池で点火です。電池が切れてもマッチで点火出来るので、防災を考えると優れものです。

小さいお子さんが居ると使いにくいですが 😥

天板でお湯の沸かせますので、ちょっとした、調理にも対応出来ます。

 

通信手段

通信手段については、まだ準備出来てませんが、スマホの充電さえ出来れば何とかなりそうですね。

定番ですが、ラジオがあるといいです。

寝室に運動靴とか、懐中電灯とか、軍手とかもあるといいそうです。

 

コロナウィルス

今はコロナウィルスも問題なので、簡単に避難所に行くわけにも行きません。

自宅でも出来る防災対策もしっかりと考えておきたいですね。

 

-日常

Copyright© リサイクルCC , 2020 All Rights Reserved.