別荘 日常

蚊帳 ワンタッチ蚊帳 全方位虫除け ベッドに付けてみた 別荘 虫対策

念願の中古別荘を購入しました 🙂

内覧から現在までブログで紹介しています。

最初から見る

蚊帳

私が子供の頃、田舎で寝るとき蚊帳を使っていました。子供からすると、蚊帳は何か特別スペシャリティーなものに見えましたねぇ

別荘に来て、いろいろ虫対策していますが、それでもやっぱり虫が入ってきます。ある程度慣れるしかないよね~そう思ってますが、それでもやっぱり気になります。

そこで、昔懐かしい蚊帳を購入する事にしました。

で、ネットで検索してみると、ビックリ高額です。

本物の蚊帳は麻素材で、10万円以上します。そんな高額やったんや~

田舎の蚊帳は所々、補修してあって「新品に変えればいいのに~」なんて思ってましたが、補修跡に納得です。

ベッドに蚊帳

蚊帳と言えば、畳に布団で上から吊るしていますよね。

うちはベッドですが、上から吊るすので問題ないか?

全方位蚊帳

いろいろ検索していたら、こんな便利な蚊帳がありました。

ベッドのマットレスごと覆う、全方位蚊帳です。

下からの虫の侵入も防げますので、これなら安眠出来そう

サイズもいろいろあって、シングルとセミダブルのサイズを購入しました。

お値段は1つ5000円程。

生地はもちろんナイロンだと思いますが、虫除けには充分です。

入り口はファスナー式で両サイドと後ろの3か所あります。

ファスナー部分がU字になっているので、開け閉めを繰り返すと耐久性には少々不安が・・・

圧迫感がないように、高さは高めのものを選びました。

寝ても天井が気になりません。

ワンタッチ蚊帳

届いたお姿がこちら↓↓↓

思い切った中国製です。

説明書によると、どうやらスマホの充電ができるように線が入るようです。

袋から取り出すと、ポンと広がるワンタッチテント式です。

よく海辺やBBQでも見かけるタイプのもの 🙂

しかし、サイズが少々大き目なので、ポンと広がるとまでは行きませんでした。

天井部分に補強のワイヤーを付けたら出来上がりです。

 

畳み方が難しい

レビューにあったのが「畳み方が難しい」 😥

よくあるワンタッチテントと同じ畳み方ですが、確かにサイズが大きいので、1人で畳むのは難しそうです。

でも夏場は出しっぱなしなので、そう問題なしです。

テレビが見えにくい

その都度付けたり外したりできないので、設置したらそのままです。

なので、ベッドからテレビを見るのは、見えにくいです。

私はほぼテレビを見ないので、問題なしですが、ベッドでテレビを見る人にはおススメでないかも 😎

 

普通の蚊帳

二階のベッドには普通の蚊帳を吊るしました。

二階はシングルベッド3台ぎゅうぎゅう詰めなので、ワンタッチ蚊帳はサイズ的に無理でした。

ワンタッチ蚊帳のシングルサイズが少し幅大き目です。

掛け布団の幅を考えればそのくらい余裕があった方が正解ですが、うちは、ベッドがぎゅうぎゅう詰めなので入りきりません。

こちらは、角4か所をフックで吊るすだけです。

フックさえ付けておけば、取付、取り外しも簡単です。収納も難しくないです。

出入口は1つで、カーテンを重ねたようになっていて、洗濯ばさみが付いていました 😆

角4か所だけだと、中央の天井が低くなってしまったので、安全ピンを付けてもう2か所フックを付けました。

いろいろ虫対策していても、100パーセント虫を防げませんが、これで安眠出来そうです 🙂

家電選びに続く

-別荘, 日常