別荘 日常

関西 別荘地 中古 別荘購入 注意点 後悔 しない選び方

念願の中古別荘を購入しました 🙂

内覧から現在までブログで紹介しています。

最初から見る

ここまでの記事

中古別荘物件

奈良の山奥に別荘物件を見に来ました。

庭は草ボーボー。

かなり放置されてた様子が伺える物件です。

はたして内部はどうなのか・・・?

 

外観からは、内部はあまり期待できないなぁ~

と言うか、見るのちょっと恐い 🙂

 

別荘 室内

草ボーボー、苔だらけの外観でしたが、意外と中は綺麗。ある意味驚き 🙄

フローリングも綺麗だし、壁もそんなに傷んでない。

壁はベニヤ板張りだけど、山荘風です。

太い梁

太い梁があって、なかなか雰囲気あるね~

太い梁は、別荘って感じで魅力的です。

所々に良質の木材が使われていて、しっかりした造りに見えます。

2階

階段周りもしっかりした木材が使われてます。

2階は、階段部分吹き抜けで広さは8畳ほどか?

屋根も高くて、窓も多く開放感があるわ。

日当たりはどうなんだろう?

しかしこの日は雨なので、日当たりは良くわからず 😥

階段の所から見下ろすと、やはりフローリング綺麗やわ。

家財道具

家財道具は少なく、古~いブラウン管のテレビが目についた。

長い間使ってないと聞いたが、確かにその様子。

 

キッチン

冷蔵庫と電話機、そして時代物のキッチン。

関西の別荘地はバブル期前後に開発されたものが多いので、この緑色のキッチンもよく見かけます。

そして換気扇の羽も青色。これも昭和あるあるです。

トイレ

トイレは、簡易水洗。水洗トイレに見える、ぼっとん便所。

トイレは水洗がいいよなぁ~

でも、別荘地は簡易水洗も多いんよねぇ。

お風呂

お風呂は、洗面と一体型でそれなりの広さです。所々にヒノキ材を使っていて、開放感あり。

ただし、塗装はハゲハゲ。で、だいぶ小汚い。

浴槽は小さめで、深いタイプ。

水回りは全体的に古いというか、建築時のままのようです。

水回りは交換かメンテナンスの必要ありやな。

でも取り合えず、水とお湯は出る模様。

 

別荘購入 注意点

庭のボーボーさや、外観、それに廃れた別荘地

という事で購入意欲はなかったのですが、内部が綺麗だったので、まずそこのギャップにやられちゃいました。

それで、今回遂に購入しました。

コロナ禍にも後押しされた結果ですけどね 🙂

いろんな物件を見てきて、今回購入に至ったそのポイントを整理してみました。

 

アクセス

ペットと同様、長い付き合いになる別荘です。

周辺の観光施設も気になるところですが、自宅から1時間程度のアクセスは私的には最重要ポイントでした。

奈良市の我が家から、西名阪~名阪国道の高速を使うルートと、下道の国道を使うルートの2パターンが利用できます。

高速料金もそうかかりません。ちょこちょこ利用するとなると、高速料金も気になりますからね。

 

建物

これだけ、ほったらかしで、築年数30年程経っているのに、まだ大丈夫という事は建物がしっかりしているのではないか?

あと、傾斜地だけど、土台を作っている。要するに斜めの所に建ってない。

別荘地でよく見かけるのは、傾斜地で傾いて朽ち果てたおうち。

やはり斜めだと、鉄骨ならいいけど木造はメンテナンスしないと傾くようです。

ここも傾斜地だけど、土台は平行に作ってある。その分建物は一段下がってますが・・・

そして雨漏りはなさそう。屋根の補修は費用もかかるし大変です。

又、雨漏りしてると内部が予想以上に腐ってる場合もあるので要注意です。

水回りは古いけど、とりあえず使える。

建物は思ったほど傷んでなく、所々補修は必要だけど、何とか使えそう

もちろん何もせずにすぐ使えて綺麗なものが理想ですが、

「帯に短したすきに長し」

そう何もかも理想通りとはいきませんよね。

 

ポツンと一軒家

寂れた別荘地だけど、前、横、裏に建物がなく、あっても廃墟なので、今流行りのポツンと一軒家に近い立地

要は、隣近所が気にならない。

別荘地といえども、建物が並んでいる所も多く、窓の外は隣のお家って所も珍しくないです。

以前見に行った物件も、建物も新しく綺麗でしたが、土地が狭く、ウッドデッキの前がお隣のお家でした。

ここなら隣近所もあまり気にせず過ごせそうです。

 

敷地の広さ

別荘地と言えども、50坪前後の敷地の所も多いです。市街地なら50坪前後で充分ですが、別荘地となるとちょっと窮屈な感じを受けます。

かといって、500坪とか広大な敷地だと、草引きやメンテナンスを考えると大変です。

これ又以前見に行った物件ですが、お家は綺麗でとてもよかったんですが、庭が狭すぎたってのもありました。

ベランダ程度の庭ってのもねぇ~

やはり、ゆっくりBBQできる程度、庭の広さも欲しいです。

 

3桁物件

ここも大事なポイント。と言うか最重要ポイントかも 🙂

補修箇所はいろいろありそうですが、補修費用を考慮しても3桁で済みそうです。

人それぞれ、ライフスタイルも好みも違うけど、まずは、通えるか?それから維持できるか?

この2つは、どなたにも当てはまる事だと思います。

後は、あまり細かい所気にしても買えません 😉

たくさん見た中でここに決めたのは、結局「縁があった」って事なんでしょうね 🙂

まずは、草刈りから始めるか~

草刈りへ続く

 

 

 

-別荘, 日常