若者は何故海に行かなくなったのか?海の日なので伊根町まで行ってきました。

海の日なので、伊根町へ行ってきました。

伊根町ってどこかご存じですか?

伊根町は、丹後半島にあります。天橋立のもうちょっと向こう

天橋立から車で30分程のところです。

最近の若者は海に行かないらしい

「最近の若者は海に行かないらしい」という記事をネットで見かけました。

そういえば、もう15年程前になりますが、加太に海水浴に行った時空いていました。

私が若い頃は、芋の子洗い状態(-_-;) すごい人混みだったんですが。

お陰様で、我が家の愛犬ゴールデンレトリバーは、のびのび海水浴できました。

海の家のおばちゃんの話では、海水浴客も減って、海の家なんかは特に利用しなくなったらしいです。

一つは、若者が日焼けを嫌がるようになったのも理由でしょうね。

時代は「美白」ですもんねぇ

私たちの頃は、日焼けしてないと「友達おれへんの~」なんて馬鹿にされましたが。

もう1つは、車を所有してないとか・・・

ナンパの必需品!車も今ではあまり人気がないようです。

それからネットでは、こんな声も・・・

べたべたするのが嫌!

随分と綺麗好きに育ったのか?海からあがって、ベタベタするのが嫌な様です。

それから、トイレやシャワーの設備なんかも不服な様でした。

半火傷状態になるまで焼いていた頃とは、すっかり様変わりです。

ラジカセ持参で賑わってた浜辺を思い出すと、笑えます(;^ω^)

伊根の舟屋

もう海水浴ってお年頃でもないので、伊根の舟屋を見に行ってきました。

二階建ての長屋のような建物が並んで、一階に船が入るようになっています。

なかなか合理的な建物ですが、じとじとしそうですね~

台風なんかでも壊れていなのは、意外と頑丈なのか?

風向きや地形をよく考えた場所に建てられているのか?

どうやら江戸時代からあるようです。

もちろん天災などで焼失している物がほとんどで、今ある舟屋は近代の建物が多いようです。

ちなみに京都府内の漁業高のおよそ25パーセントがこの伊根漁港の水揚げだそうです。

日本海へのアクセス

私はこの日、自宅奈良から向かいました。

京都縦貫道っていうのが、出来て随分便利になりました。

与謝天橋立って所で降りて、下道を30分程で到着です。

奈良の自宅から3時間ちょっとかかりました。

途中、事故停滞があったので、渋滞がなければ2時間半~3時間ってところでしょう。

友人の話だと、京都縦貫はあまり渋滞はないそうです。

Follow me!